モンソレイユのぼちぼちブログ

日々の出来事をのんびり綴ります^^;

先ずは道具から

買いそろえていたフラワーエッセンスがあちこちに散乱し

置き場所に困っていたので木箱をオーダーしてみました。

 

オーダー先は青森のツクルンさんという工房です。

木箱の大きさや仕切りも全て希望通りに作ってくれました。

それで送料込み6千円程度!

お安い!

 

f:id:monsoleilme:20170914173947j:plain

f:id:monsoleilme:20170914173952j:plain

 

きっちり収まりました♪大変気持ちがいいです♪

納期が予想より長く約1カ月掛かりましたが待ってて良かったです。

製油ボックスもそのうち依頼したいですね。

 

まだ勉強途中なのにガッツリ箱までオーダーしてしまい

そこはかとない後ろめたさを感じていましたが、道具から

揃えるというのも悪くないですね。

気が引き締まるというかやる気が出ました^^

広告を非表示にする

猫の悪性リンパ腫覚え書き

ペットが悪性リンパ腫を発症した飼い主さんへ少しでも参考に

なればと思い、いくつか書き起こしてみます。

 ※あくまで私の愛猫の闘病から得た経験によるものです

 

悪性リンパ腫は完治しない病気であると覚悟してください

 ペットの悪性リンパ腫の治療のゴールはあくまで「寛解」、

 つまり延命を目的としたものであると理解してください。

 運よく寛解まで持ち込むことができてもほぼ再発します。

 

◎進行が早いタイプか遅いタイプか

 High Grade(高悪性度・低分化型)は極めて進行が早くこの診断が

 下されたペットの余命は僅かです。

 若ければ若いだけ病気の進行も早まります。

 私の愛猫は2歳11か月の時点で悪性リンパ腫・高グレードと診断され

 余命半年から1年と宣告されましたが実際は4カ月の命でした。

 抗癌剤が一切効かない癌の威力に圧倒されるほどの破壊力でした。

 

抗癌剤の後にくるもの

 抗癌剤が効かない場合、残された手段は放射線ステロイド程度しか

 ありません。

 飼い主の心情としては何としても助けてあげたい気持ちになるでしょうが、

 人間とペットでは放射線治療への負担が段違いです。

 ペットの場合は毎回全身麻酔をかけた後に強い放射線を当てます。

 その方法がペット、特に猫にとってはどれだけ精神と体に強い負担を

 かけるか察して余りあります。

 これが劇的に効果を出すのであれば心を鬼にして治療に向かう飼い主さんが

 少なくないと思いますが、抗癌剤に屈しなかった癌が放射線に果たして

 どこまで反応するのか冷静に検討して欲しいと思います。

 医者が放射線治療を進めたとしても、それはペットの今後を第一に

 想っての発言ではないかもしれません。

 治らない病気にかかっているペットの命とどう向き合うか

 よく考えて決断する必要があります。

 私も悩みに悩みましたが放射線治療は断念しました。

 そしてその決断は正しかったと確信しています。

 

 ステロイドリンパ系悪性腫瘍については抗腫瘍効果があります。

 抗癌剤を使えなくなった後はこれに頼るしかなくなりますが、問題は

 日に日に効果が薄れ服用量が増えていくことです。怯むほどの量を

 服用させなくてはならなくなりますが、これ以外頼るものがない以上は

 飲ませるしかありません。

 やがて長期多用したことによる副作用が出始めます。

 私の愛猫の場合はまず鼻水(いわゆる青っ洟)が常時出るようになり

 ました。続いて耳の中のただれと痒みが始まりました。

 これは抗生物質を服用することで鎮静化しますが、止めるとまた出ます。

 

◎痛みに備える

 悪性リンパ腫は基本的に痛みがない病気と言われています。

 私の愛猫も強いだるさがあったようで長時間眠るようになったものの

 平素は痛みを感じていないようでした。

 4カ月の闘病期間に5回ほど強烈な痛みに苦しんだ時がありましたが、

 これは癌がぶわっと肥大化した時に起きた痛みだと推測します。

 痛みが出てから通院の準備を始めたのではペットへの負担も大きい

 ですし、夜間にその時がきたらなにもできない時間が過ぎていきます。

 現時点で痛みがないとしても念のために鎮痛剤の処方をお願いして

 ください。

 座薬を処方されたら念のため経口投与の薬も出してもらってください。

 座薬を全く受け付けない子もいるためです。

 

 

ざっくりですがペットを癌で亡くした経験者として思いつくことを

書いてみました。

抗癌剤の治療というのはどの病院でどの先生にお願いしても同じ対応を

されるようです。つまり悪性リンパ腫に対して打つ手は限られていると

いうことです。

そして殆どのペットたちが短い闘病期間を経て亡くなっている筈です。

私の担当医もそういった経験を重ねるうちにある意味麻痺した部分も

あるのか細かい説明はしてもらえませんでした。先生の目には愛猫が

死へのカウントダウンに入った救い難い存在に見えていたように

思います。

病気が末期になるまでよく理解できない部分を抱え不安な気持ちで

通院していたあの日々を思い出します。

今後どういったことが起きるのか、どういった対応法があるのか殆ど

説明がなかったため痛みへの対処が全くできなかったことに今でも

後悔が残ります。

もしかして助けられるのではないかと一縷の希望を胸に頑張りましたが

助かる見込みなど最初からありませんでした。

それを最初から知っていたならまた別の対応ができたかもしれないと

詮無いことを思ってしまいます。

 

助けられない命なら極力苦痛を少なくしてあげて欲しいと思います。

飼い主にできることは何があっても負けずに愛する対象を見守り続ける

ことのみです。

 

f:id:monsoleilme:20170907201153j:plain

 

 

 

 

 

 

 

今日で49日

あなたが亡くなって今日で49日

どうしても写真を正視できなくて今日久し振りに見たよ

f:id:monsoleilme:20170820114100j:plain

 

超絶イケメンになる未来を想像できる可愛さでしたね

神がかってました

あなたに初めて会ったあの日に3年足らずでこの世を去ることが

分かっていても、悲しい別れが胸を引く裂くことになると

分かっていても、私はやっぱりあなたを選ぶよ

あなたがいい、あなたじゃなきゃ駄目だよ

 

f:id:monsoleilme:20170820111231j:plain

 

お兄ちゃん大好きっ子だった弟が寂しがってるよ

あなたがいなくなってから私の姿が見えなくなると鳴きながら

探し回るようになってしまいました

いつものように怒ってくれるの期待してあなたの亡骸を必死で

引っ掻いていてたんだよ

力尽きたあなたはもう目を開けることができなかったね

 

f:id:monsoleilme:20170820111906j:plain

 

49日までは泣き暮らしてもいいんだと決めて本当に体から水分が

減るくらい泣き続けてしまいました

今日でとうとう49日

明日から少しずつでも進まなきゃ

泣いてばかりでごめんね

でもこればかりは仕方ないから心配しないで

 

そのうち新しい子を迎えるね

その子をうんと可愛がりながらあなたを思い出すね

あなたにしてあげられなかったこともしてあげられるよう頑張るよ

叶うならその子がお爺さんになるまで一緒にいられるといいんだけど

 

f:id:monsoleilme:20170820111009j:plain

 

痛みも苦しみもない世界で微笑んでるあなたを感じる

とっても綺麗なところで幸せそうに笑ってる

必ず再会できるから待っててね

 

沢山の愛をありがとうね

ゆっくりお休みなさい

 

永遠の愛を込めて

 

 

 

広告を非表示にする

肉体というもの

闘病を続けてきた長男猫が昨日永眠しました。

享年3才と4ヶ月の短い命でしたが私に溢れる愛を注いでくれた

最愛の子でした。

 

若く美しかった彼の肉体が病と度重なる投薬で崩れていくのを傍で

見つめながら何度も考えたのは、肉体というものの意味でした。

 

どれほど食事に気を使いストレス解消に努め運動を

欠かさなかったとしても今この瞬間も死に続けているのが私達の

肉体です。

病気や事故と無縁のまま生き続けることができたとしても

最終的には老いた肉体がもたらす様々な苦しみに耐えながら

この世を去る時がやってきます。

 

肉体があるからこそこの地上で活動することができるとはいえ

強烈な痛みをもたらす理由がどうもわからずにいます。

 

それとも肉体というものは元来そういうものなのでしょうか。

他の何よりも自分の側にありながら決して懐柔などできない

危ういものに思えて仕方ありません。

 

 

広告を非表示にする

力を借りて

長男猫の状態が階段を下るように悪化してきています。

癌細胞が力を増すごとに様々な症状が現れて、彼から

一段、また一段と生きる力を奪っていきます。

 

癌細胞について一番驚いたのは胎児が育つスピードと

同じ速度で肥大化していくということでした。

人間でいうと10ヶ月足らずで下手したら4キロ近い大きさに

なるということですね。

体は癌を敵と見なさない為、誰にも阻害されず驚くべき

速さで肉体を侵食していくこの病…不可思議です。

 

死に向かっている相手と対峙し続けるのは非常に

エネルギーを消耗する過酷な時間ですし、そこに悲しみや

絶望感まで付随してくるとなると介護してる側への

負担は計り知れません。

 

彼にとって最後になる時間を何とか一緒に頑張り

抜けるようにとフラワーエッセンスを買い込みました。

 

 

f:id:monsoleilme:20170616103854j:plain

 

…ちょっと買い過ぎました(^_^;)

個人輸入仕入れたので安くてついつい。

大人の事情があるのでしょうが日本で売っているフラワー

エッセンスは高すぎます( ノД`)

もう少しお安ければ色々な人が気軽に試せるのになぁと

ボヤきたくなりますね。

 

肝心の効果ですが、かなり助けてもらってます。

心が乱れてセーフティーゾーンからはみ出しそうに

なるのを防いでくれます。

これで万事解決とはいきませんが、心に立った荒波をそっと

沈めてくれる今の私の必需品。

沢山あるしセッションにも取り入れようかと考えています。

 

そろそろサロンを一時お休みして介護に専念するつもりです。

 

 

広告を非表示にする

メンツィカンのお香

昔からチベットには憧れを抱いていました。

最近またちょくちょくダライ・ラマに関連する本など

読み始めて沢山の感銘を受けております。

まぁ受けるだけで悟りの境地になど到底たどり着けないのが

凡人たる自分の限界ですが\(°∀° )/

 

チベット関連の商品って曼荼羅以外は見かける機会もありません

でしたが、気になるお香を見つけたので早速手に入れました!

 

f:id:monsoleilme:20170601130659j:plain

 

慈善文化と教育機関のMen- Tsee -Khangのお香です。

ノンケミカルで丁寧に作られています。

これは香りを楽しむというより心身の健康のために用いられる

もののようで、何となく焚き火に杉の葉を投じた時に受ける

印象に似ています。

煙は控えめだしずーっと漂わせていたくなる…そんなお香でした。

しかし芯なし極太&点火しにくいという難点もあります(^_^;)

乾燥したチベットではサクッと火が着くのでしょうか?

 

他にも何種類か売っていたお香…全部揃えたくなっています!

 

 

 

広告を非表示にする

強くあれますように

ブログを書くのも物凄く久し振りになってしまいました(-_-;)

 

人間でいうところの20代の長男猫が悪性リンパ腫を患いまして

現在も綱渡りの状態を続けております。

寿命を前にした自分は何と無力なことか…3年前に嫌というほど

私を打ちのめしたその苦しさと再び対峙しています。

 

死は決して終わりではなく肉体を失うだけなのだと理解したつもり

でしたが、若者の病と死というものが想像以上の悲しみと不安を

私の胸に落としています。

友の苦しみは私の苦しみでもあります。

 

子を失う親はこんな気持ちになるのでしょうか。

あと15年は共に過ごせるはずだったのにそれは決して叶わない夢と

なりました。

 

今はやがてくる最後の時まで気をしっかり保たねばと自戒する

日々です。

何よりも最後の瞬間まで彼に寄り添い続ける強さが欲しい。

基本的に神頼みはしない主義ですが、彼に泣き顔ではなく笑顔を

向け続ける強さをくださいと神に祈らずにいられません。

 

同じく癌の闘病を続けきた小林麻央さんが退院し自宅療養に

切り替えたことをニュースで知りました。

病に侵されてなお美しい彼女の顔を見ながら、どれほどこの人の

存在が周囲に幸せをもたらしてきたのかに思いを馳せて…そして

ただひたすら悲しい気持ちになりました。

 麻央さん頑張れ!

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする