モンソレイユのぼちぼちブログ

日々の出来事をのんびり綴ります^^;

欲しがるほどに乾く矛盾

映画「シャイム」を鑑賞ヽ(´▽`)/

主人公はセックス依存症と聞いて一体どんな話なのか?と
興味心身でしたがなるほどそうきたか!な濃い内容でした。

ルックス良し、その上仕事も順調そうで成功者の主人公ですが
暇さえあればアダルトサイトやコールガールを利用しまくり、
それでも足りずにすれ違う女性の体を凝視しまくっています。

ただの性欲異常なのか?・・・と若干心が寒くなってきますが、
主人公の暮らすマンションに妹が転がり込んできてから
彼の抱える深い闇が見え始めます。

どうもこの二人、過去に一線を越えて肉体関係をもっていた
ような描写がぽつぽつ見えます。そして育った環境が決して
子供が安心して暮らせるようなものではなかったことも
薄っすらとうかがうことができます。

精神的に不安定で異性に依存した揚句自殺未遂を
繰り返す妹。
ひたすらセックスに耽溺する兄。

二人は心の底では未だに愛し合い相手を求め続けている
ように見えますが、その関係が幸福へと行き着かないことも
理解している風です。
なのでごく普通の恋人同士がするように自分のベッドに潜り
込み抱きついてくる妹を激しい罵倒とともに追い払ったりも
するのです。

なんて物悲しいんだろう・・・と思いました。

渇きを癒すために何かを貪っても決して潤い満たされる
ことなどないからです。

「愛してほしい」
「満たしてほしい」
「幸せにしてほしい」

誰しも願うそんな願いも自分の土台をしっかり踏み固めた
うえで望まないと決して手に入ることはありません。
誰かの一部をもぎ取って自分を埋めようとしているうちは
同じように相手の一部をもぎ取ろうとする人間と
関わる羽目になるからです。

Index_2

愛とは「私を無償で満たし続けてくれる誰か」を得ることでは
ないことを理解する日までその渇望は続きます。
自分を救えるのは自分しかいません。

 

出会いは必然

新しい猫さんが家族に加わりました(゚▽゚*)

Dsc_0890

以前から憧れていた茶トラのオス猫です。
実物はもう少し変な顔(笑

先住猫は2匹いますが、黒猫19歳はともかく白キジ2歳の
遊び相手(喧嘩?)が出来たのでいろんな意味で賑やかに
なりそうです\(;゚∇゚)/

2年前に見送ったキジトラ猫は優しく驚くほど聡明で
生活面では全く手がかからない子でした。
そのため自分には「観察しケアし続ける」という観点が
完全に抜け落ちていることに気がつくまで相当な時間を
要してしまいました。
後悔しても自分を責めても取り返しがつかないことがあるのだと
思い知らされた介護の時間は4年近くにも及び、彼との暮らしは
19年で幕を閉じました。

老いそして病気と闘いながら最後の最後まで生きる意思を
見せつけた強靭な子でもありました。

その子を亡くしてから引き取った白キジさんは心身共に

ヘタレ気味(p´□`q)゜o。。とにかく手がかかる!

何故前の子と真逆な子が来たんだろう?と不思議でしたが、
ある時ふとキジトラさんからのメッセージを感じました。

「目を離さないで見ててあげて」

分離不安が酷く少しでも私の姿が見えなくなると絶叫していた彼。
食が細く偏食で食事の管理が大変な彼。
お腹が弱く、気を抜くと下痢&便秘気味な彼。

どれもこれもキジトラさんとは真逆で手がかかります。
だけどキジトラさんの闘病中に感じた後悔は二度と
したくないという思いは強くなる一方で、絶対に不調の
サインを見逃すまいと決意を新たにするのです(`・∞・´)

白キジさんがうちにきたのは間違いなく必然であったの
だなと今は分かります。

さて、茶トラさんがうちにきた理由ってなんだろ?(≧m≦)
今まで飼った中で断トツの食欲王です。

Dsc_0889

「めしくれぇぇえええーーー!」(顔・・・怖い・・・笑)

      
広告を非表示にする

メニューが増えました

IFAでアロマセラピーの資格を取得したのはかれこれ10年以上も
前のことです。
単純に「良い香り」だと思っていた精油がもつ植物の力と奥深さに
引き込まれる日々でした。

諸事情で引っこめていたアロマセラピーボディトリートメントを
メニューに加えることにしました(*^m^)
何といってもミカエルザヤットの精油を使った全身トリートメントを
やりたい!という欲求から逃れられなかったのが大きな理由の
1つですヽ(´▽`)/
オールハンドでおこなう癒しの時間をお楽しみいただけたらと
思います。
心と体、その両面に働きかけるセッションです。

69_57388649_3

湯シャンも5日を過ぎた辺りから髪が皮脂で重くなるわ、はっきり
言って臭うわでこりゃ無理かも~と音を上げかけた時にハタと
思い出したクレイの存在・・・Σ(゚□゚(゚□゚*)
で、使ってみましたガッスールを!!
結果はフワサラな仕上がり。
ただ水でふやかしたクレイを髪に塗布して洗い流しただけなのに
サラッサラ( Д) ゚ ゚
おまけに体までツルツルになって正に目から鱗ですよ!

こうして石鹸シャンプーと禿げる恐怖から自由になった私(爆

広告を非表示にする

石鹸すら止めてみる

かれこれ10年以上合成界面活性剤とは縁のない生活を
送っています。
洗剤・シャンプーその他全て無添加石鹸で快適な生活( ^ω^ )

当然顔も石鹸で洗っていましたが、最近は超低刺激の
クレンジング剤+グリーンクレイに変えました。洗わないと
マズいかな~?と当初は不安でしたがこれが快適な上に
何の問題もないので続けています。

石鹸・・・それすらも使わなくていいのかも・・・と思い始めた
私が次に挑戦するのは湯シャン!(・ω・ノ)ノ
髪をお湯のみで洗うというチャレンジャーな選択です(゚0゚)

白髪が生えにくい体質なもので染めもせずバージンヘアを
保っていますが、何だか最近根本がヘタってきたような気が
していました。きっと気のせいよ!そう自分に言い聞かせて
きましたが担当の美容師さんに「根本が細くなってきてる」と
言われてショック倍増Σ(゚д゚lll)

そこから話が派生してその美容師さんが湯シャン実践者で
シャンプーは週に1回しかしていないという事実を知ることに・・・
かれこれ10年担当してもらっていますがそんなこと
初めて知ったよおぉ~\(;゚∇゚)/

彼の髪、ベタっとしていた印象はまるでないんです。
湯シャン=油でギタギタの髪というのは間違った認識だった
らしい!

早速目を血走らせて湯シャンについて調査しましたが、やはり
ロングヘアで快適さを保つのは(しかも今は梅雨だ)それなりに
大変らしい(;´д`)

ですが挑戦してみます!( ̄▽ ̄)
人類の歴史の中で毎日頭を洗いまくっているなんて現代だけ
ですからね。顔も頭皮も一枚皮なんですからいけるはず!

まずは目標1週間です!(若干弱気)

Gahag00184306961

・・・でも美容師さんにワシワシ洗髪されると至福ですよね・・・(笑

広告を非表示にする

あなたの価値を定めるもの

生まれた落ちた時はまっさらで汚れ一つなかった自分

これまでの人生の中で犯してしまった罪
思い出したくない記憶
人に言えない経験

それらが自分の価値を貶めたと思っていませんか?
自分で自分を辱めたと思っていませんか?

もしもそうでないとしたら
少しもあなたの素晴らしさは損なわれていないとしたら
そう思いながらもう一度自分を見てあげてください

あなたは生まれた時と何の遜色もなく輝いています
何者もあなたを汚すことは出来ません
だからもう自分を卑下するのは止めましょう
自分で自分の味方になってあげて下さい

失敗しても落ち込まずにその経験を未来への布石にしてください
欠点だらけに見える自分を抱きしめ、そして応援してあげて下さい

あなたの価値はあなたが判定するものではありません
親や兄弟ですらあなたの価値を決めることなどできません
本来の光り輝く自分を受け入れそして愛してあげてください

Lgf01a201306101400

魔の座椅子

狭いながらも心地よい我が家ですが、一か所だけ
連日抗争が繰り広げられている場所があります。

夫愛用の座椅子です(@Д@;

通常夫はそこに陣取って余暇を楽しんでいるわけですが、
小用で席を立つとつかさず猫達がやって来て場所を奪います。
で、猫をどかして夫が座る→夫が席を外すと猫が(以下繰返し)

そんな不毛な戦いが座椅子を購入して以来、延々と続いて
いるのです・・・┐(´-`)┌
はっきり言って安物のこの座椅子、猫を吸い寄せる何かが
放出されているとしか思えませんψ(`∇´)ψ

Dsc_0758_3  

入れ食い状態です。
猫ホイホイですね(笑
一体なんだってそこに固執するのか猫達に聞いてみたいです・・・

広告を非表示にする

今日のブレスレットと魂の美しさ

かなり日照時間が延びてきて夏生まれの自分は
エネルギー量が上がる一方です!ヽ(´▽`)/
夏の前にカビカビしい梅雨がきますけどね・・・(;;;´Д`)ゝ

新しい石が届いたのでブレスレットを組んでみました。

ホワイトムーンストーンを中心に涼やかな水のイメージで
まとめた作品です。

Dsc_0736
Dsc_0738

暑くなるとシルバーの冷たい印象が心地良いですね(*^-^)
・ホワイトムーンストーン
・アンジェライト
・クリスタル
・淡水パール
・ホワイトカルセドニー

女性性を優しくカバーしてくれるブレスレットに仕上がって満足です。


先日亡くなった親族にエネルギーを送っている最中、眼前に
現れた彼女は眩い光に包まれてとても幸福そうでした。

その姿に安心すると同時に一つ疑問が湧きました。

私の知っている生前の邪悪な彼女と今の彼女、どっちが本当の
姿なんだろう?
いや、どっちも彼女なんだろうか??
う~ん・・・いつか理解できる日が来るといいのですが。