読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンソレイユのぼちぼちブログ

日々の出来事をのんびり綴ります^^;

義元左文字ー留まる意思の力

スピリチュアル

最近戦国時代にハマり気味なこともあり江戸東京博物館

開催中の戦国時代展に行ってきました(^O^)/

 

真田家の茜染めの旗や軍配、沢山の上杉家縁の品々を目に

することができて至福の時間が過ごすことができた

わけですが、中でも私を釘付けにして離さなかったのは

この刀です。

 

f:id:monsoleilme:20161207123323j:plain

義元左文字!

刻まれている銘は

「織田尾張守信長」

「永禄三年五月十九日 義元討刻彼所持刀」

 

今川義元を討ち取った信長はこれを終生所有し続けたそうです。

完全な負け戦と誰もが思った桶狭間の戦い。信長にとっても

色々な意味で忘れえぬ出来事だったのでしょうね。

 

この刀からぼうぼうと立ち昇る強烈な意志の力というか…

決意の力は圧巻です。燃えさかっているのに周囲に

拡散せずに己の内側の1点に力は向かってきます。

信長亡きあとは秀吉、そして家康へと戦国を駆けた武将が

所有していたというのも納得。

下手な人は持っていられないんじゃないでしょうか?

強く成し遂げたい目標を何か持つ人が所有したら凄く

後押ししてくれそうですが。

 

合計五回も並び直しては鑑賞を繰り返したところでようやく

満足して会場を後にしました。

 

乱世を統治しようとする男の胆力がどれ程強いのか

垣間見えたような気がします。

は〜尾張の旅に出かけたい(笑)

 

残念だったのはこの刀のポスターが売っていたのですが

余りにも映りが悪かった(´Д⊂ヽ

単純に画質も悪いしこの刀剣の持つ鬼気迫るものが全く写せて

いない…まぁ千円もしないポスターに過度な期待をしても

仕方ないのかもしれませんがかなり残念でした(´・ω・`)