モンソレイユのぼちぼちブログ

日々の出来事をのんびり綴ります^^;

セレナイトソード(?)を作ってみた

場の浄化やセッションで使えるクリスタルのソードが

欲しいなぁとふと思ったわけですが・・・

自宅に水晶を削る機械があるわけでもなく、販売されて

いるのはワンドばかりでどうもしっくりこない。

だったら柔らかくて私でも形を変えることができる

セレナイトはどうかなと思い石屋に向かいました。

 

ナイカ産セレナイトがセール価格で売ってたヽ(^o^)丿♪

洞窟内が超巨大鉱物で満たされているびっくり画像をご覧に

なったことがある方も多いかと思います。

f:id:monsoleilme:20170930225411j:plain

ナイカ鉱山の結晶は採掘が禁止されたためやがて市場から

消える運命です。

 

かつてヨーロッパでは向こう側が透けて見える高品質な

セレナイトのみを「聖母マリアのガラス」と呼んでいました。

f:id:monsoleilme:20170930225422j:plain

 

f:id:monsoleilme:20170930230318j:plain

 

写真が下手なのはさて置き、向こう側が透けて見える

美しいセレナイトです!

あまり削りたくなかったのと和テイストでいきたかったので

短刀チックに仕上げました。和といってもあまり地味な色合いに

してしまうと本当にただの日本刀になりそうなので

鮮やかな色味を選択。

削りも持ち手の巻きも何も考えず作り始めたのにすいすい

いけました。

持ち手部分は幾らでも作り変えることができるので

これで良しとします^^

 

素材としてのセレナイトは本当に脆くて製作中にちょっと机に

当ててしまっただけで小さく欠けました。

素手で触り続けていると段々とチビてくるなど強度だけみたら

使うのを躊躇する感じですが、その欠点部分を補って余りある

素晴らしいパワーを秘めた石です。

ナイカ産のセレナイトは採掘され切り分けられた後も巨大洞窟の

結晶達と共鳴を続けているそうです。

確かに儚げな外見と違ってエネルギー的にはかなり強いです。

 

あとは気を込めて完成だ~♪